38歳男性 職業会社員 投資歴4年 現状収支プラス3万8千円

FXをやり始めた切っ掛け

私がFXを始めようと思った切っ掛けは、あるネット記事でした。

そのころ、リーマンショックなどで会社の給料も下がり、生活が苦しくなっていた時期で、よくネットで副業やら、転職などの記事を読んでいました。

 

そういった記事の中に、会社に頼っていてはいけない。35歳を過ぎたら会社がいつ潰れてもいいように、自分で生活できるだけのお金を稼げるような
ノウハウを学ばなければと書いてありました。

それまでの自分は、会社に勤めていればなんとか生活していけると考えていましたがその記事を読んで、会社に頼らない生き方を考えるようになりました。

 

そんな中で出会ったのがFXです。

副業等も考えましたが、なかなかスキルもなく、勉強も苦手でしたので通貨を買ったり売ったりだけで儲かると、安易に始めました。

FXでの経験

 

実際にFXを始めるにあたり、最初は取引業者を選んで、いろいろ申請を出したり面倒くさいなあと、思っていましたが、意外に簡単に口座を開設する事が出来ました。

私が業者を選んだ方法は、仮想トレードを何社か使ってみて、使いやすいところに決めました。

 

そこから、実際にトレード行ってみると、ビギナーズラックでしょうか。

よくわからないまま、取引をしても毎日お金が増えていき、こんなに簡単にお金が稼げるなんて信じられないと思うほど、順調にいきました。

 

しかし、そう上手くはいかないようで、ギリシャショックやら、チャイナショックがあり、今度は赤字に転落しました。

そこから、自分なりに色々勉強をするようになりました。

 

いままで、まったく興味もなかった世界情勢だったり、世界経済、取引する国の政治、今後の金融方針など、自分でも驚くくらい興味がわき、調べることが楽しくてたまらない時期がありました。

これはFXを始めていなければ、自分の人生で感じる事のできない、経験であったと思います。

 

そんな中、トランプさんが大統領になったり、イギリスがユーロを離脱するなど、世界情勢がどんどん変わり、それがFXの値動きに大きく影響されていくのを身を持って体験する事で、世界と自分が繋がっているような気分になりました。

まとめ

実際、始めた当初の思惑とは違い、なかなか思った通りに稼げていませんが、人生の中でFXに出会い、実際に体験する事は、自分にとってものすごいプラスになったと感じます。

お金を儲けるのも大事ですが、新しい事にチャレンジする事で、自分を成長させてくれる、そういう面でも一度は経験されることをお勧めします。

ただ、取引は自己責任で無理のない範囲でやりましょう。

おすすめの記事