私は、45歳の会社員。

7年前からマラソンをするようになり、すっかりその魅力にはまってしまいました。

 

今回は、私がマラソンを趣味にしたきっかけや、初心者がフルマラソンを完走するコツを紹介します。

この記事をきっかけに、少しでもマラソンに興味を持っていただけたら幸いです。

私が40代からマラソンを始めたきっかけ

40歳前後から、誰しも体力の衰えを感じてくるようになりませんか?

私もそうでした。

 

仕事の交代勤務が辛くなってきたり、休みの日に子供と遊ぶのがおっくうになってきたり。

体力的にも精神的にも衰えを感じるようになってきました。

 

休日をダラダラと過ごしていると、休んだ気にならず、リフレッシュできていないように感じ、

休み明けの仕事で良いパフォーマンスを発揮することができません。

 

ところが、7年前のある日、毎年、近所で開催されているマラソン大会を見に行った時のこと。

 

地域の仲間と話しながら参加者を応援していると、学生時代の友人が走っているではありませんか。

しかも、きついはずなのにニコニコと楽しそうに走っています。

 

一緒に観戦していた近所の仲間も知り合いが走っていたようで「来年、参加してみよう」と、その場の勢いで参戦決定。

これが、私がマラソンを始めたきっかけです。

初心者がフルマラソンを完走するコツ

半年前から仲間と練習を始めました。

初めは、のんびりと話をしながら2週間に1回、1時間程度。

 

結婚して子供ができてからは、仲間との付き合いも減ってきていたため、走る練習というより、会話を楽しむ感じで気楽にやれたのが良かったと思います。

 

大会2か月前から距離を伸ばして、2時間15km3時間25kmと徐々に上げていきました。

ところが、大会1か月前の追い込みで30km走を行ったとき、無理が生じたのか、ひざを痛めてしまいました。

 

それから、大会までは、ひざの痛みが回復するまでノーランで調整。

なんとか、大会に間に合い、無事に仲間と一緒に完走することができました。

 

初心者がマラソンで完走するコツは、楽しく気軽に参加することと、体調管理です。

 

また、マラソンの初心者はまだ体が仕上がっていないため、体重が重いと、より足に負荷がかかります。

私は、ひざの痛みが回復するまでは、暴飲暴食を控え、ウェイトコントロールを行いました。

 

その結果、1ヶ月で3kg痩せることができたため、本番では体を軽く感じました。

マラソンを趣味にすることのメリット

マラソンを趣味にするメリットはたくさんありますが、7年前から今まで続いている要因としては、大会で完走した時の達成感です。

これは、完走した人にしか味わえない格別なものです。

 

フルマラソンの道中は非常に過酷で、25kmを過ぎると、足が上がらなくなり、歩いたり、走ったりの繰り返し。

正直、心が折れます。

 

しかし、これを乗り越えてゴールすることで、完走後の感動が大きくなるわけです。

大会エントリー→練習という目標ができたことで、普段の仕事にも変化が出てきました。

 

マラソンを始める前までは、やらされている感があった仕事も、いかに週末に疲れを残さずに、仕事をするかということを考えるようになました。

結果、仕事の効率化を意識して改善がうまくいくようになりました。

 

まさかマラソンを趣味にすることで仕事にいい影響が出るなんて、棚からぼたもちです。

そういった意味でも、マラソンにはメリットが大きいと感じます。

さいごに

マラソンを始めるにあたっては、特に準備するものはありません。

靴は普段はいている動きやすいものでも始められますし、服は家にあるジャージで構いません。

 

長続きしそうだなと思ったら、買えば良いわけです。

皆さんも、ぜひ、普段の生活にハリを感じないようであれば、気軽に始められる、マラソンをやってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事