こんにちは、Yuです。

最近、ホームベーカリー(以下、HB)で食パンを作るのにはまっているので、レシピ等についてまとめてみました。
その理由は以下のとおりです。

  • ネットでは食パンレシピが沢山ヒットするが、正直どれも似ている気がする。
  • 色々作ってみたけど、どれが一番美味しいのかよく分からない。
  • 食パンを作るときに、毎回レシピを調べるのがめんどくさい。
  • HBで食パン作りする人の参考になれば。

多少でも参考になれば何よりです。

評判が良ければさらに詳しく調べたいと思います^^

それでは、まず王道のレシピから。

HBで作る食パンの王道レシピ

  • 強力粉 250g
  • 無塩バター 20g
  • 牛乳 200g
  • 砂糖 15g
  • 塩 3g
  • ドライイースト 3g

このような結果になりました。

このレシピさえ覚えておけば、とりあえずHBで食パンが作れます^^

アレンジしたい場合は材料の量を調整したり、別の材料を使われるといいかと思います。

では、次に材料について調べたことや、お勧めの具材を紹介します。

強力粉

食パン作りは基本的に強力粉で作る人が多いようですが、薄力粉でも作れます。

薄力粉を使うと、強力粉と比べてしっとりとした食感になります。

「強力粉220g+薄力粉30g」といった風に混ぜて作ることもOKです。

また、米粉と混ぜて(「強力粉180g+米粉70g」など)作ると、翌日までしっとり、モチモチ感が続くようです。

無塩バター

バターの量はレシピで差が出ましたので、あまりきちんとしなくても問題ないかと思います。

少ないところでは15g、多めは40gでした。

サクサク食感やバターの風味を出したいなら多い方がいいですが、健康のことも考えるとあまり多いのも考えものですね。

ちなみに、某有名店のブリオッシュ食パンは、バターを100g使うそうです・・・

牛乳

牛乳も150~200gと差が出た材料です。

ちなみに、製菓や製パンを作る場合はmlやccといった単位では計らず、全てg単位を使って計ります。

計量器にHBの本体を載せて計るとき、牛乳だけは計量カップに入れないとなると面倒ですもんね。

牛乳がない場合は、水を使っても大丈夫です。

なお、卵を入れる場合は、卵の重量分(約60g)を減らして牛乳を入れるようにしてください。

卵の話が出たので補足です。

基本的に、食パンを作る際に卵はなくても構いません。

卵を入れると風味や栄養価が変わるのはもちろんですが、パンが柔らかくなり、乾燥(老化)を遅らせる効果もあります。

砂糖

砂糖の量も10~40gと差が出ています。

クックパッドで高級ホテル食パンと紹介されているレシピは、バターと砂糖を共に40gずつ使います。

砂糖の代わりにはちみつや練乳を入れるレシピも多いです。

なお、フランスパンやドイツパンが砂糖を使わないように、砂糖を入れなくてもパンは作れますが、砂糖を入れることで以下のようなメリットがあります。

  • 生地が安定する(ふくらみやすい)
  • 風味が出る
  • 老化を遅らせる
  • より柔らかく、白くなる

個人的には10gは入れた方がいいかなと思いました。

 

砂糖の種類についても説明します。

一般的に、食パンを作る場合はグラニュー糖や上白糖を使う方が多いようです。

しかし、時には砂糖にこだわってみても面白いかもしれません。

今回、私が注目したのは『てんさい糖』です。

てんさい糖には以下の効用があるようです。

  • オリゴ糖が多く含まれており、お腹のビフィズス菌を増やしてくれる
  • 摂取しても、血糖値の上下があまりない
  • 三温糖よりミネラルを含んでいる
  • 体を温める

どうせ使うなら少しでも体に良いものを使いたいですね。

【最後に】食パンに混ぜるお勧めの具材

食パンを作る際、何か具を入れたいと思うこともあるかと思います。

それほど変わったものはありませんが、まとめてみましたので、良ければ参考にしてください。

  • ハム
  • ベーコン
  • レーズン
  • チョコ(ホワイトチョコ)
  • チーズ(ナチュラルチーズ・プロセスチーズどちらでも可)
  • 刻んだナッツ(くるみ・カシューナッツなど)
  • さつまいも
  • シリアル
  • バナナ(つぶすか、1cm程度にカットしたもの)
  • ココアパウダー

以上、HBで作る人気の食パンレシピまとめでした^^

 

おすすめの記事