最近、家電量販店にたくさんの美容機器が販売されていますね。

「家庭で手軽にエステ並みの効果を実感したいけど、何を買えば良いか分からない」という方にお勧めなのが、美顔スチーマー

 

今回は私がスチーマーを使ったきっかけや、実際に購入したお勧め商品などを紹介します。

美顔スチーマーにご興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。 

友人から借りたスチーマー。10分使ったところ、私の肌は・・・

私が初めてスチーマーを使ったきっかけは、友人からの勧めでした。

友人から試しに借りたのは、2010年製パナソニックのナノケアシリーズです。

 

そのスチーマーは、温感モードなど、好みに合わせてコースを選択できるという機種でした。

使い方の説明を聞いて信じられなかったのが、一日わずか10分のケアで充分という点です。

 

普段、エステに行くときなどは1時間以上かけるのが当たり前の私にとって、10分という時間は短すぎるように感じました。

しかし、試しに10分程使ってみたところ、肌がフェイスマスクをした後のように潤いが。

 

私の肌にどんな変化が起きたのかというと、目に見えて肌のトーンが上がったのです。

水道水の蒸気を10分程度浴びていただけなのに、肌が1トーン明るくなったことに驚きました。

 

その後、興味が出てなぜ肌にすぐ変化が出たのかを調べると、肌の透明感には水分量が大きく関わっているそうです。

 

例えば、お風呂上りの自分の肌を見ると、少し白くなったように感じることはありませんか?

この状態と同じで、スチーマーを使うことにより、自宅で手軽に肌の保湿を行えることが分かりました。

私が最終的に購入したナノケアスチーマーはコレ!

この衝撃的な体験をした後、私はすぐにパナソニックのナノケアスチーマーを購入しようと決意しました。

しかし、パナソニックのスチーマーには二つのタイプがあります。

 

一つは、様々なコースが設定でき、蒸気と冷気のどちらにも対応しているタイプです。

これは私が友人に借りたものと同じでした。

 

もう一つは、基本的に蒸気しか出ないタイプです。

私は質より価格を重視して、「蒸気のみの機能でいい」と考えていたので、後者のスチーマーを購入しました。

 

最終的に選んだスチーマーは、2012年製パナソニックのナノケアシリーズ「EH-SA61」です。

こちらの方がモードの種類が簡易的なので、蒸気と冷気が出るタイプよりも少し安く購入できました。

楽天市場でナノケアスチーマーを探す

ナノケアスチーマーの効果や使い方

スチーマーの基本性能は、水を入れると高温のスチームが10分~20分程度噴射されるというものです。

友人に借りた時も蒸気しか使わなかったため、私は蒸気のみのスチーマーで充分満足できました。

 

スチーマーは、肌の透明感が増すというメリット以外に、温かい蒸気を顔に当てることでリラックス効果もあります。

機種によっては、アロマオイルを入れて匂いを楽しめるスチーマーも販売されています。

 

お風呂上りにアロマと蒸気を楽しめば、緊張をほぐしてよい眠りに就けること間違いありません。

また、スチーマーのような美顔器には、肌のターンオーバーを促す効果もあるそうです。

 

シミを消すのは難しいとのことですが、肌の保湿をすることでシミが出来にくくなるそうなので、今後も使い続けたいと思います。

ナノケアスチーマーのデメリット

ただ、スチーマーにはデメリットもあると感じます。

私が感じたスチーマーのデメリットは、本体機器の水抜きが大変という点でした。

 

専用のウォーターボトルを本体にセットするのですが、使用後は本体に水が溜まります。

本体の奥行きは深いので、手を入れて拭くのは少し難しかったです。

 

使用後によく乾燥させれば問題はありませんが、「水が残ると不衛生で、カビが生えないかな?」と心配になる方もいるかもしれません。

しばらく使わない時は、念入りに乾燥させておいた方が安心です。

 

また、本体の重さや大きさもスチーマーのデメリットといえます。

 

重いと言っても「EH-SA61」は約1.2kgですが、旅行などで外に持ち運ぶにはかさばると思います。

ただ、スチーマーの性能自体に関するデメリットは、特に感じたことがありません。

ナノケアスチーマーの毛穴ケアまとめ

パナソニックのナノケアシリーズには様々な機能が搭載されています。

アロマオイル対応、髪の毛にまで使えるタイプ、ディープクレンジング作用など・・・

 

スチーマーは、一台あれば多くのシーンで活躍してくれます。

ちなみに、ナノケアスチーマーを勧めてくれた友人は、今ではこの美顔器を愛用しているそうです。

 

美顔器であれば外への持ち運びも楽なので、私も買おうか検討中です。

安い買い物ではないからこそ、美容機器をフル活用して、すっぴん美人を目指しましょう♪

おすすめの記事