冬になると必需品なのがコートです。

アウターとして一番上に着ますし、面積も大きいので人の印象に残りやすく、冬のコーディネートの第一印象はコートで決まると言っても過言ではありません。

 

ウールやカシミヤのものからダウンまで種類は様々ですが、コートは一人何着かは持っているのでないでしょうか。

中でも、デザインが気に入っていたり、着ていてとても暖かいなど、お気に入りの一着を持っている方も多いと思います。

 

今回は、コートの耐用年数や、寿命を伸ばすコツと正しい捨て方を解説します。

コートの耐用年数は何年?

服は着ているほど傷んでくるとわかっていても、お気に入りの一着であればたくさん着たいし、出来るだけ長く着たいと考えるのが自然です。

 

しかし、一般的に、コートの耐用年数は数年であり、大抵の場合値段に比例します。

参考までに、ユニクロのダウン類の耐用年数は3年程度です。

 

プチプラ(値段が安い)アイテムであれば1、2年着ると状態が劣化してきて毛玉が出来てきたりします。

しかし、高級アパレルでしっかり作られたものであれば5年、10年と着られるアイテムも珍しくありません。

 

また、保管方法や着る頻度によっても、耐用年数(寿命)は変わってきます。

せっかくの高い買い物なので、コートは長く着たいですよね。

コートの寿命を伸ばすコツは?

コートの寿命をできるだけ伸ばすコツとして挙げられるのが、日々のお手入れの大切さです。

着たあとには必ずハンガーにかけ、湿気がこもらないように風通しの良い場所に置いておきます。

 

洋服ブラシを用意して定期的にブラッシングし、汚れを落とすのも有効です。

 

気に入っているからと言って毎日同じものを着るのは、洋服の寿命を縮めることとなってしまいます。

2、3着を用意して交互に着るのが、結果的にどのコートも長く着られるコツということになります。

 

また、衣類をクリーニングしたい時は、最近流行りになっているネットでのクリーニングサービスを

利用するのも一つの方法です。

コートのクリーニングは忘れがちですが、長期間そのままにしていると、汚れが落ちにくくなってしまいます。

コートの寿命を伸ばすためにも、定期的なメンテナンスをしていきたいものですね。

古くなったコートの正しい捨て方

残念ながら、見た目が傷んで着られなくなってしまったり、飽きてしまってもう絶対に着ないなと判断したコートは処分することになります。

自分が長く着ていたアイテムを捨てるのに抵抗がある人も多いと思うので、可能であればネット上のフリマやリサイクルショップで売るようにします。

 

毛皮やミンクのコートなどは、状態が良ければ高く買い取ってもらえる可能性もあります。

 

それでも売れない場合は、資源ごみとして処分しましょう。

自治体によって資源ごみの扱いは様々ですが、可燃ゴミとは別に収集日が決められていることが多いです。

ゴミの分別はきちんとして、捨てるようにしてくださいね。

 

燃えるごみとして捨てるよりは資源として役に立ってくれると考えると、捨てることへの抵抗も薄れるのでないでしょうか。

以上、コートの耐用年数や、寿命を伸ばすコツと正しい捨て方でした。

おすすめの記事